でじ亀

仕事用カメラをリプレスした。
今までDSC-T100を使っていたのだが、T110からタッチパネル操作になってしまい、敬遠していたのだ。とにかく操作性が悪くて「こりゃT100使い続けるしかねぇ」と(笑)

で、先日時間があったので家電量販店のカメラコーナーでいろいろ触ってきたのだが、やっぱりナンダカンダ言ってTシリーズが一番理想に近いカメラになってしまう。タッチパネルの操作性も以前よりはかなりましになってきたし・・・。

実はNoNの場合、プライベートに使うカメラより仕事用カメラのほうが条件が厳しい。

・起動が早いこと
・沈胴式レンズは×
・レンズバリア必須
・押しボタン式電源は×
・各種情報とグリッドが同時に表示できること
・通常<->マクロの切り替えがすばやくできること

これで「最低限」の条件だ。細かくあげればもっとある。
一番厳しいのが表示関係。いじってみるとわかるが、情報表示とグリッドが同時に出るカメラは意外と少ない。仕事の記録写真の場合、電子水準器なんかよりグリッドのほうがはるかに便利なのだ。
あと、マクロ切り替えも面倒なものが多い。マクロボタンが用意されているのに、押すと通常フォーカスとマクロフォーカスを選択するメニューが出てきて、上下ボタンで選択して決定ボタンを押すなんてのが多い。マクロボタンを押したらトグルで切り替わってくれないと面倒で仕方がない。

と、まぁ前置きが長くなったがDSC-TX55である(笑)
実はDSC-TX66を買いに行ったのだが、画素数と顔追跡フォーカス以外はほとんど変わらないので安くなっていたDSC-TX55を買ってしまった。
決め手は自動マクロ。いわゆる「おまかせオート」、実はDSC-T110から搭載されていたのだが、タッチパネルと本体の大きさがいやで今まで見ないふりをしていた。
この「おませオート」、通常フォーカス、マクロ、拡大鏡モードが自動で切り替わる(まぁシーンとかも自動なんだけどそこは割愛)。レンズを向ければかなりの速度でモードが切り替わるのでいちいちマクロに切り替えたり、マクロから戻したりという手間がない。他社のカメラでも同じ機能を実装したものがあるが、それ以外の条件をまったく満たせてないので、選択外になってしまった。
そして、この自動マクロ、実はかなり昔のカメラで実装していたのだ。それは、DSC-Uシリーズ。手の中にすっぽり納まる小型のカメラでズームもなく液晶もえらく小さかったが起動も早くレンズバリア連動電源、通常<->マクロ自動切換えとなかなか使い勝手のいいカメラだった、もちろんDSC-U10、U20、U30と所有して仕事に使っていた(笑)。DSC-Tシリーズに乗り換えたときに「なんでオートマクロじゃないんだろう?」と不思議に思ったくらい便利な機能だった。
そして、DSC-TX55、昨日実際に仕事で報告書に添付する記録写真を撮ってきたのだが、DSC-T100に比べてかなり小さく軽い。レンズバリアが噂どおりちょっと開けづらい気もするが、まぁ慣れれば問題ない。オートマクロは予想通りすごく便利。あと、タッチパネルでピント位置を指定できるのは非常に便利。被写体を正面から撮るなんてのはそうできるものでもないので(オフィス内とか障害物多いからね)、撮りたいものをとりあえずフレームに入れて、ピントを合わせておけば帰ってからそこをセンターにしてトリミングするなんて事が簡単に可能だDSC-TX66より画素数が少ないとはいえ1620万画素である、広く撮ってちょっとくらい拡大しながらトリミングしてもまったく問題はない。なかなか上々な使い勝手だった。

DSC-T100もずいぶんがんばってくれたのでDSC-TX55にもこれからがんばってもらおう(笑)

SANYO Xacti DMX-CA6、CA65用のDCアダプターだ。DMX-CG65でも使えるというので仕事が終わった後宇都宮ヨドバシで買ってみた。

でもこのままでは使えない。端子の間に四角い突起があってCG65に刺しても端子が接触してくれないのだ。

んで、突起をニッパで切り取り、ヤスリで平らにしてみた。ちなみにこれらの作業は宇都宮駅前の有料駐車場で行った(笑)

そして、CG65に収まるようにはなったが、こいつはあくまで「DCアダプター」なので、「ACアダプター」が別途必要になる。一応純正も打っているが、半値程度で手に入るPSP用ACアダプターで代用。

早速車に積んであるインバーターから電源を取り、使ってみた。

をを、普通に使える。8GBのSDHCでWeb-SHQ(320×240 30fps)だと22時間以上撮影できますよ(笑)

ちなみにVAR-A2で電源を取っているときはCG65の電池蓋はフルオープン。

DSC-T77

DSC-T700

Cyber-Shot Tシリーズの新型。型番から判断するに名機T7の後継と思われる。

T7は実際所有しているのだが、正直なところお世辞にも撮りやすいカメラではない。でも大好きなカメラの一つだ。「小型化する」「薄型化する」「でも、ズームは付ける」とSONYの技術者が意地になって魂を削って作った傑作だから。

だからT70が出たときはがっかりだった。型番を見た瞬間は「T7の後継か?!薄いのか?!薄いんだろっ!」と、期待したのに「厚さ20.7(最薄部18.2)mm」ってなんだよ!、T7は「14.7(最薄部9.8)mm」だったぞ!、あぁ、とってもがっかりサ!がっかりだったよ!

DSC-T7

DSC-T70

そして、「薄いTシリーズ」がでないままヨドバシのポイントでT100を買って現在使っているわけだが、やっぱり厚い。実際の数値で言えば厚みが22.3mmだ。

DSC-T100

性能的には問題ない。ワイド側が35mmだがTシリーズ専用のワイコンがあるからそれなりに広く撮れるし、光学ズームも5倍あって仕事で使うにはかなり重宝している。

でも厚い。もう一度言う、「厚い」。

そんなわけで厚さ15.0(最薄部13.9mm)のT77と、厚さ16.4(最薄部15.2mm)のT700が非常に気になる。筐体デザインとしてはT700の方が薄く見えるのだが、上下左右から見ると液晶側が結構出っ張っている、うまく色分けして薄く見せている感じ。T77は前面と背面で色分けしていないので、T700よりも厚く見えるけど、実際はT700より1.5mm近く薄い。実際の薄さを取るかデザインを取るかって感じだ、性能的にはほとんど差がない、違いは液晶サイズと内蔵メモリのサイズくらい・・・う~ん、悩むなぁ

・・・って買うの前提なのか?!

先日買ったDMX-CG65だが、録画モードが4つ用意されていて、それぞれ

TV-SHQ :640×480ピクセル(30fps・3Mbps)
TV-HQ :640×480ピクセル(30fps・1.5Mbps)
Web-SHQ :320×240ピクセル(30fps)
Web-HQ :320×240ピクセル(15fps)

となっているわけだが、実はTV-SHQだけMain Profileで、後の3モードはBaseline Profileでの記録である。

なので、Web-SHQかWeb-HQで記録したムービーデータはそのままMylo com-2で再生できる。まぁ、メディアが違うから差し替えて即使うってコトはちょっと難しい(microSD使って双方にアダプタ用意しとけばできるが)。

だからなんだと言われればそれまでなんだが、ちょっと報告してみただけだ。

SANYOのXactiである。ちと事情があってデジタルムービーを買おうかなぁなんて思ってたら、某家電量販店で特価販売していた。
チト使い方で気になることがあったので、それを店員に確認して・・・っていうか、新品の箱からバッテリ出させて店頭で確認した(笑)。問題ないようなので即購入。価格.comの最安よりかなり安く買ってきたのは秘密。

ムービーはなかなかイイ感じ。静止画はそこそこ・・・っていうか被写界深度深っ!!。

やっと発売

n-Worksでも何回か話の端に上がったSigma DP1。
メーカーが発表してから今までほとんど情報が無く「こりゃ開発中止かねぇ」と半ばあきらめ気味だったのだが、先日やっと発売日決定の発表があった。
コンパクトデジカメ最強といわれるRICHO GR DIGITALを追い落とし、これからしばらくはSigma DP1がコンデジ最強と言われることになる。

さて、このDP1、ナニが凄いかといえばイメージセンサのサイズと仕掛けだ。サイズはデジタル一眼で使われているAPS-Cサイズ(20.7×13.8mm)、普通のコンデジに積んである小指の爪より小さいセンサーとは桁が違う。そして、そのセンサーが普通のセンサーではない「FOVEON X3ダイレクトイメージセンサー」という特殊なセンサーを使用している。通常のデジカメの場合、コンデジだろうが一眼だろうがレンズから入った光はフィルターを通してRGB各色に分解され3度にわけて読み取っている。だから銀塩の頃にはなかったようなさまざまな制約が出てくるわけだ。ところがFOVEON X3はフィルタを介さず1度でRGBを読み取ることができるセンサーなのだ。理論上では偽色も発生しない。現時点ではFOVEON X3搭載のSD14とDP1は銀塩カメラに最も近い画像が撮れる・・・・はず。

欲しいんだが10万はチト高いなぁ、ちょっと仕事用に一眼も欲しいしmyloも買っちゃったしなぁ・・・。

GRD-II.jpg
GR DIGITAL IIが発表になった。
むぅ~ん、期待していたスペックとはちょっと違うけど、GRの灯を消さなかったRICOHには拍手。
最初はマイコミジャーナルの記事で知ったのだが、あの記事ではイマイチアレだったのだが、RICOHサイトを見ると、色々と気になる機能追加や強化がある。
まずはGR ENGINE、GR ENGINE IIとなり、ノイズが減ったとのこと。確かに撮影シーンによってはノイズがかなり目立つ感じだったので、どれほど軽減されたのか非常に気になる。
電子水準器内臓というのもなかなか便利そうだ、ホットシューに水準器をつけなくても済むのはありがたい。
便利といえばバッファが強化されてRAWモードでデータ書き込み中に2枚目が撮影可能。泣きたくなるくらい便利だ。
そしてなんといっても、マイセッティングモードが2つ作れる!、コレは凄い!!、モードダイヤルを回せば、カメラ設定をオリジナルモードに切り替えることができる。いちいち「あー簡易ブースで照明が蛍光灯だから~」とか、「んー、室内ポートレートだから~」とかいちいち設定をいじらなくてもいい、よく使う設定はあらかじめ記憶させておくことができる!、あぁ夢のようだ。
他にもファンクションスイッチとか被写界深度表示機能とか便利そうな機能が・・・・・う~ん、11/22発売らしいのだが・・・・・・どうしたもんかのう。

RICOHのHPに行ったら、GR DIGITALが生産終了となっていた。
まぁ、発売から2年もモデルチェンジもなく作り続けたのだからたいしたものだ。
さて、もちろん次のGRが出るんだよね?>RICOH
GR21DIGITALなんていいなぁ。
SIGMA DP1の発売がかなり怪しいから、次のGRには期待大。APS-Cサイズのセンサーに21mmのGRレンズなんて夢のようなカメラを出して欲しい。
がんばれRICOH!!

Caplio GX100
いつのまにかGX8の生産が終わってGX100なるデジカメが発表になった。
脱着式の液晶ビューファインダを搭載していたり、4GBのSDHCに対応していたりとなかなかよさげ。細かくスペックなんかを見ていくとGR-Dにも欲しい機能が結構あったりするんだがGRレンズを搭載していない、GRエンジンを搭載していないということで、GRの名は付けずにGXということなのだろう。
GX8、GR-Dと使っている自分としては非常に気になるデジカメではあるのだが、初期予想価格が8万円というのはちょっと痛いかなぁ。

そうそう、GR-Dの新ファームも公開になった。カラーブラケット機能が便利そう。ファームでの機能拡張も4回目だが、今後も続けていってほしいものだ。

それはそうと、SIGMA DP1が気になる。早く発売にならないだろうか。