Archives

All posts for the month 8月, 2006

WHR-HP-AMPG
HIGHT POWER無線カードが気に入ったので、ルーターセットのWHR-HP-AMPG/PHPを買ってきました。ダブルでハイパワーです。
右側のが今回買ったWHR-HP-AMPG。左のは予備として転がしてあったWHR-G54S。
このアンテナは家庭用としてどうかと・・・。

WLI-CB-AMG54HP
前々から気になっていたハイパワー無線LANカード。
ちょうど良く無線LANの仕事が来たので、使ってみた。

確かによく飛ぶし、よく拾う。普通の無線LANカードでは拾えないAPを当然のごとく拾ってくる。導入した客も大喜び。
アンテナ部がでかいのを気にしなければ、かなりオススメ。

GW-1
やっとGW-1買いました。
コレで21mmの超広角。ステキ!
GR-Dとアダプタの接続はバヨネットなのだが、アダプタとワイコンの接続は37mmのねじ込みなのはちょっと首をひねった。しかも、ねじ込みにくい。これはアレだ、アダプタとワイコンは常に繋いでおけってことだな。とりあえず各種フィルタ用にアダプタがもう1個必要かなぁ・・・。
あ、37mmってコトはGW-1をGX8に付けるなんてコトも・・・。今度やってみよう。

ところで、アダプター先端のバヨネット風の溝はアダプター同梱のフード専用なのか?

GR060811-1
HAKUBAのGR-D専用折り畳み液晶シェードを付けた。GX8にも付けていて屋外撮影時に絶大な威力を発揮していたのでGRにも。
GX8に使っている汎用型の不満点は液晶を上から覗き込めないコトだったが・・・
GR060811-2
GR-D専用版はシェード部が簡単にはずせる!
いや、簡単すぎていつの間にかはずれてしまうこともあるのだが・・・。
何にしてもスゲイ便利。
問題はせっかくシンプルでスマートなGR-Dがちょっとゴツくなってしまうこと。GX8の時はあまり気にならなかったんだが、GR-Dだとチト格好悪い。

sub_LCD_note
へ~、ほ~、ふぅ~ん
まぁ面白そうではある。
ただ、このサブディスプレイがどんどん大きくなっていったり、高精細化したりしていくのは目に見えてる。パームレスト部かモニタ外装に・・・ってな目論見らしいのだが、パームレスト部に液晶があるってのもチト怖い。透明ポリカーボネイトとかのカバーが必要だろう。モニタ外装に至っては何がしたいのか見当も付かない。モニタを閉じたまま、再生中の音楽のタイトルを出したり、メールの着信でも知らせるのだろうか?、「携帯のサブモニタじゃないんだからさぁ」って感じだ。何にしてもモニタを閉じてもPCをスタンバイにすることすらできないのはチト考え物。
最近のノートPCというのはモニタを閉じているとマトモに冷却ができない物もある、使っているとキーボードが熱くなってくるPCなんかは要注意、アレはキーボードからの放熱を意図しているから(設計側が意図せずにキーボードが熱くなるのもあるが、それは明らかに設計ミスだ)、モニタを閉じていると廃熱ファン全開で怖い。。。。とと、話がずれた。
まぁ、何にしてもこのサブモニタシステム、面白いと思うし、自分のPCに付いていたら遊び倒すと思う。ただ、その場所については少々疑問だし、有効性についてもちょっと首をかしげる。今のところは製品が出てくるのを少しだけ楽しみにしていよう。

mylo
ソニエリの新しい携帯電話・・・・・かと思ったら、電話ではないらしい。
記事を読んでいくと、どうやら無線LANのIM端末らしい。いかにもスマートフォンっぽいデザインなのでちょっと勘違いされそうだが、通常の携帯電話としての機能は無い。
通信機能はWi-Fi通信のみで、802.11b無線LAN接続に対応するそうだ。
Google Talk、Skype、Yahoo! Messenger、フルブラウザがインストール済みで、音声通話はSkypeが利用可能。音楽再生はMP3、ATRAC、WMA。動画はMPEG-4に対応。
スペックシート(米SONYの発表資料)を見ていて思ったのだが、プロセッサがARM9なんだそうだ、最近の端末はXScaleが多かったのでちょっと意外だった( W-ZERO3なんかもXScale)。
あと、発売が近い割には細かな仕様が見えてこないのが気になる。たとえば動画フォーマットだが、MPEG-4とあり、コーデックは何に対応してくるかわからない、資料を見ても「オプションでSONYの変換ソフトがあるよ」位にしか書いていない。SONYと言うことでH.264あたりは対応してくるとして、DivX、XviD、WMV位は対応して欲しいところだ、贅沢を言えば3GPP/3GPP2もサポートしてくれれば御の字。
OSはチト不明だが、アプリ追加やverUPは可能なのか?、フルブラウザ搭載とあるが、ブラウザは何?、自社製?OPERA?、PCとの連携は?、プリンタやその他機器との通信は可能なのか等々、製品が出てくればはっきりしてくるのだろうが、9月発売だというのに情報が少なすぎる気がしてならない。
それとも、海外ではこの程度の情報でも予約殺到でバカ売れするのだろうか?

MacPro

Mac Pro
とうとうPowerMacもIntelに移行。
コレで全てのラインナップがIntelチップになったことになる。しかも今回は全モデルがデュアルコアXeonをデュアルで搭載したクアッドコアだそうだ。確かに速そうではある。これまでのIntelMacシリーズでは省略されてしまったFireWire 800もちゃんと搭載しているようだ、メモリもちゃんと最大で16GBまでいける。一応フラッグシップとしてのスペックは備えているように見える。
気になる価格だが・・・「思っていたよりずいぶん安い」が正直な感想。
Xeonをデュアル搭載くらいは予想していたし、ひょっとしたらデュアルコアItanium2なんてのを乗せてくる可能性もちょっとは考えていた(さすがにItanium2じゃ高すぎるが)。
そんなわけで、最小構成で50万くらいは・・・とか思っていたら、最小構成で272,550円(apple storeでCPUとHDDをダウングレードした価格)。
まぁ、「これくらいは欲しいかな?」ってスペックにしたら60万くらいにはなっちゃうけどね。

あ~、そうそう、G5みたいにCPUカバーにXeonの刻印でもあるかと思っていたのだが、HPの画像を見る限りでは平らなカバーでちょっとがっかり。

PANDUIT
何の変哲もないCAT6-UTPケーブル。
うっぽん「NoNさん、みてください!」
NoN「をを、PANDUITのケーブルだな」
うっぽん「メーカーなんかより原産国ですよ、原産国」

原産国コスタリカ

NoN「えぇと、購入理由はコレ?」
うっぽん「えぇ、もちろん(むっふ~)」
NoN「・・・・・・・」