Archives

All posts for the month 3月, 2008

まぁ皆やってるであろう「8GBmicroSD+MS Duoアダプタ」である。
先日の日記で16GBのMS Duoがどうのと書いたばっかりだと言うのに16GBを買わずに8GBmicroSDを買ってしまった。
・・・だって安いんだも~ん。ってなわけだ。
実は8GBのMD Duoですら結構高い。amazonですら9000~13000円はする。近所の家電量販店なんかでは20000円近い価格で売ってたりする。
それが、microSD+アダプタで7000円を軽く切る価格で手に入るのだ、安いねぇ。

ところで、microSDについてくるUSBアダプタ。えらく小さい。小さい上にメモリが抜きづらい。アダプタに入れてしまうと抜くのにエラク苦労する。二度と使わん。

比較用にUSBアダプタの隣に一円玉を並べてみた。こんなにい小さい。
コレで抜き差しがもうちょっとラクなら普通に使ったんだがなぁ・・・。

そうそう、mylo com-1でも8GBは認識しました。・・・ってことはcom-1で16GB認識するような気が・・・。

LED電球が届いた。白色LED18灯のE26。消費電力はたったの1W!!
ベッドサイドスタンドとか廊下とかトイレの照明に使おうとか思っていたのだが・・・・く、暗い!!暗すぎる!!使い物にならねぇ!!

あぁ、どうしよう。安かったんで5本も買っちゃったよ。

昨日届いてたんだけど、忙しくて取りにいけなかったんで今日取ってきた。
「俗・絶望伴奏選集」は絶望音頭とかトロイメライとか入ってて絶望すること請け合い(笑)。
あと、DVDの方は2話の全編ポロロッカ語だったストーリーが普通の台詞に・・・副音声でポロロッカ語とかだったら楽しかったのだが、それもないようだ。むぅ。

そうそう、今まで書き忘れてたけど。

もちろんこれも購入済みですよ。

engadgetより。

Windows XP+Windows CE 5.0 or Linux QplusなデュアルOSPCだそうだ。

す・て・き

この閉じたときの特撮ヒーローが変身デバイスにしそうなデザインといい、開いたときにいかにも両脇がジャマそうなキーボードといい玩具っぽい雰囲気が絶妙。

しかも、スペックを見ると「メインディスプレイの裏側はサブディスプレイとテンキー・通話キー・ファンクションキーを備えた携帯電話インターフェース。」とある、「スマートフォン」の表記が無いところを見るとスマートフォンですら無いようだ(skypeで使えるかは不明)。
ちょっと気になったのでengadget記事の元ソースであるAVINGの方も確認してみた。

ざっと見たところUSBはクライアントだけでなくホスト機能もあるようだ。外付けのストレージ系デバイスやI/O変換ケーブルも使えるのだろうか?
バッテリーは標準で4セル、オプションで6セルの大容量もあるらしい。
カメラは背面とメインディスプレイ左上に装備。通常撮影用とウェブカメラ用らしい。
あと、メモリが最大で4GB搭載できるとのこと・・・DDR2って書いてあるけどどんなメモリモジュールを使うんだ?、Micro-DIMMスロットが4つ入ってるとかなのか?・・・いったいどこにそんなスペースが?!、そもそも標準でどれだけメモリ搭載してるか表記がないような・・・。

本家のHPだとちょっとデザインが変わってる。

あぁ、この無駄に無骨で高機能そうなデバイス。ステキ過ぎる。
・・・発売までに予算を用意しておかなければ(笑)。

AVINGのサイトからだと動画が死んでるくさいのでTouTubeの動画を貼っておきます。

MIU HDPC

先日買ったDMX-CG65だが、録画モードが4つ用意されていて、それぞれ

TV-SHQ :640×480ピクセル(30fps・3Mbps)
TV-HQ :640×480ピクセル(30fps・1.5Mbps)
Web-SHQ :320×240ピクセル(30fps)
Web-HQ :320×240ピクセル(15fps)

となっているわけだが、実はTV-SHQだけMain Profileで、後の3モードはBaseline Profileでの記録である。

なので、Web-SHQかWeb-HQで記録したムービーデータはそのままMylo com-2で再生できる。まぁ、メディアが違うから差し替えて即使うってコトはちょっと難しい(microSD使って双方にアダプタ用意しとけばできるが)。

だからなんだと言われればそれまでなんだが、ちょっと報告してみただけだ。

いや、別にどっかに行ってきたとか、パーツを変えたってわけじゃなく。TAKIZAWAから2008のカタログが届いた。
・・・相変わらず豪華なカタログである。ただ、カタログ初めにいきなりルイガノのミニベロってのはチト違和感が・・・まぁ、アレだ、いろいろ大変なんだろう(笑)。

ところで、我が愛車はTREK1200の2007なんだが、2008からTREKもホリゾンタルスタイルのフレームが無くなってさびしい限りだ。1200は価格的には2008のTREK1.5あたりになるんだが、パーツグレードで言えばTREK2.1とほぼ同等。1200は125,000円だったが2.1は175,000円・・・しかも2.1はフレームがスローピング・・・つくづくいいタイミングで1200を買ったもんだと思う。

SANYOのXactiである。ちと事情があってデジタルムービーを買おうかなぁなんて思ってたら、某家電量販店で特価販売していた。
チト使い方で気になることがあったので、それを店員に確認して・・・っていうか、新品の箱からバッテリ出させて店頭で確認した(笑)。問題ないようなので即購入。価格.comの最安よりかなり安く買ってきたのは秘密。

ムービーはなかなかイイ感じ。静止画はそこそこ・・・っていうか被写界深度深っ!!。

mylo labsでwidget programming referenceが公開された。

まだ読んでないのだが、思ったより公開が早かったなというのが正直な感想。iPhone SDKに刺激されたのかなぁなんて勝手に想像(笑)。

んで、mylo com-2。ぽつぽつとユーザー作成のwidgetが出始めてはいるんだけど、根本的な問題が2つある。

1.実行メモリ空間が小さすぎる。これはfeature articlesのレポートでも書いたとおり。システムエリアが狭すぎて、すぐに警告が出てしまう。

2.widget画面が狭すぎる。widgetを重ねて配置できないので、サイズの大きなwidgetを使うと他の使いたいwidgetが置けない。タブで複数画面にするとか、重ねて配置できるようにするとか何らかの対応を求めたい。

まぁ、今のところ問題1に関してはskype&googleTalkはcom-1に任せて、com-2はそれ以外のところを使うってことでどうにかしてるけど、問題2のほうは便利なwidgetが出はじめたら困るなぁ、まだ常用したくなるようなwidgetが無いからそれほど不便ではないけど・・・。

こーいうのってSONYのどこに要望すればいいのかなぁ。