Archives

All posts for the month 8月, 2008

加入しているCATVで地デジのパススルーに対応しているという話を聞いたので導入してみた。

モノはI-O DATAのGV-MVP/HZ。購入理由は一番安かったから(笑)。

アナログチューナーは以前色々と使っていたのだが、それらとは画質のレベルが違う。なかなか綺麗。

でも、EGPソフトでmAgicガイド Digitalと言うのがついてくるのだが、こいつがくせ者。番組データの取りこぼしを起こして歯抜けの番組表になったりする。

さらにCATVのパススルーを使って視聴していると、実際の番組エリアとCATVから送られてくる視聴エリアが食い違っていたりする、そうなるとオートスキャンしたチャンネルの最初の放送局しか番組表が出てこない。

たとえばウチは栃木県なのだが、栃木県指定でスキャンすると最初に栃木TVがきて、その後民放局、NHK等がプリセットされる。
しかし、どうやらCATV側では東京指定で信号を送っているらしいので、mAgicガイド Digitalを起動すると栃木TYの番組表だけしか出てこない。
そこで、東京指定で再度スキャンするとちゃんと番組表が出てくると言った具合だ。

チャンネルスキャンだけならそれほど嫌にもならないのだが、番組表の取得には30分以上かかる。地域指定の違いに気がつくまで5回も番組表の取得を行った(I-OのQ&Aにはそんなこと書いてない)。何の嫌がらせかと思ったぞ。

まぁ、何にしても一応は地デジが見られるようになった。とはいってもほとんどテレビを見ないのでアレなんだが・・・苦笑。

CATVのセットトップボックス解約しちゃおうかなぁ・・・。

タミヤの楽しい工作シリーズNo.169「レスキュークローラー工作セット」。

ちょっと買ってみた。とはいっても遊びでなく仕事に使えそうって理由だ。

まぁ、どんな仕事で使うかは置いといて(笑)。組上げて少々改造してみた。

こんな感じ。

改造点は

・フロントクローラー持ち上げ用リンクアームの角度見直しでアームの高さを抑えた。

・フロントクローラーにホイールを追加して障害物を越えやすくした。

・無線式カメラ搭載

・高照度LEDライト搭載

・強度的に問題ないと判断した場所のボルトをプラリベットへ変更

・後部フックはいらないので付けてない

と言ったところ。

もちろん基本セットだけでは無理なのでそれなりに追加パーツを買っている。

今後はコントロールケーブルをコネクタ化してケーブルを20mほど延長する。
駆動用ギアボックスと、クランクギアボックスはもうちょっとトルクが欲しい気がするので変えるかもしれない。

本当ならカメラだけでなくコントロールも無線化したいところだが、それはまた後で考えるとしよう。

それにしてもこのキットはよくできている。標準状態でもバカみたいに走破性が高い。フロントクローラーをうまく使えば障害物を難なく越えていく。これで定価4000円ってのはすごいなぁ。

先週Fitが修理からあがってきた。予想よりずいぶん早い仕上がりに喜んだのだが・・・なんか変だぞ?

リップスポイラーが無ぇ!!

「いやー無限の方に在庫無くて今作ってるらしいんですよ」

・・・作ってるんですか?、俺のために?、無限が?

「でねーできあがるのが10月末なんだってー」

・・・10月末って・・・をいをい。

「スポイラー届いたら連絡すっから、それまで我慢してね」

・・・うぅ、なんかフロント違和感ありまくりなんだが仕方がないか・・・。

DSC-T77

DSC-T700

Cyber-Shot Tシリーズの新型。型番から判断するに名機T7の後継と思われる。

T7は実際所有しているのだが、正直なところお世辞にも撮りやすいカメラではない。でも大好きなカメラの一つだ。「小型化する」「薄型化する」「でも、ズームは付ける」とSONYの技術者が意地になって魂を削って作った傑作だから。

だからT70が出たときはがっかりだった。型番を見た瞬間は「T7の後継か?!薄いのか?!薄いんだろっ!」と、期待したのに「厚さ20.7(最薄部18.2)mm」ってなんだよ!、T7は「14.7(最薄部9.8)mm」だったぞ!、あぁ、とってもがっかりサ!がっかりだったよ!

DSC-T7

DSC-T70

そして、「薄いTシリーズ」がでないままヨドバシのポイントでT100を買って現在使っているわけだが、やっぱり厚い。実際の数値で言えば厚みが22.3mmだ。

DSC-T100

性能的には問題ない。ワイド側が35mmだがTシリーズ専用のワイコンがあるからそれなりに広く撮れるし、光学ズームも5倍あって仕事で使うにはかなり重宝している。

でも厚い。もう一度言う、「厚い」。

そんなわけで厚さ15.0(最薄部13.9mm)のT77と、厚さ16.4(最薄部15.2mm)のT700が非常に気になる。筐体デザインとしてはT700の方が薄く見えるのだが、上下左右から見ると液晶側が結構出っ張っている、うまく色分けして薄く見せている感じ。T77は前面と背面で色分けしていないので、T700よりも厚く見えるけど、実際はT700より1.5mm近く薄い。実際の薄さを取るかデザインを取るかって感じだ、性能的にはほとんど差がない、違いは液晶サイズと内蔵メモリのサイズくらい・・・う~ん、悩むなぁ

・・・って買うの前提なのか?!

プロバイダの10周年記念プレゼントとやらに応募したら当たった。

プレゼント予定品はiVIS DC300だったのだが、市場価格があまりにも低いせいか、送られてきたのはiVIS HR10

まぁ、どっちにしろ不人気機種だ(笑)

でもまぁ、メディアがDVDだから人気がないってだけで、評判が悪いわけでもない。
普通に使うなら問題ないらしい。Full HDだしね。

個人的にはminiSDに制止画だけでなく動画も録画できるとうれしかったんだが、さすがにそれはないらしい・・・。

とりあえずメディアが普通に手に入る内は使っても良いかなぁとか思う。

LenovoがNetbook端末を出すそうだ。

とはいえ、Netbook端末なので普通のノートPCのかわりになるかと言えばチト微妙・・・っていうか、無謀。Atomプロセッサって時点でかなり遅い。

文字通り「インターネットだけできればいいや」位の気持ちで買わないとがっかりすること請け合い。
そもそもNetbookってのはOLPCが始まりなのでスペックを求めるようなモノではない。
(OLPCに関しては各自調べること、笑)

それでも気になる理由は、ラージバッテリで6時間駆動するってこと。仕事柄外でPCを使うことが多々あるのだが、電源がとれないことも多い。用途的にはネットワーク機器の設定や無線の電界強度を計ったりなので、コンソールやプロンプト、電波の調査ソフトが動けばいい、あとはAcrobatが読めれば充分だ。インターフェイスもUSBとRJ45があれば問題はない。ノートPCではなく「コンソール端末」「計測機器」としてなら十分魅力的だ。

う~ん、悩ましい。Netbook買って32GBくらいのSSDに換装ってのが理想かなぁ・・・。

オークションで送料込み2000円ほどで入手した。

仕事ではGENTOS SuperFireの3Wと5Wのライトを使っているのだが、マグライトタイプなので近場を広範囲に照らすには向かない。で、小型のランタンを探していて目にとまったので落としてみたのだが・・・。

良いですよコレ!。上部の取っ手の取り付けがヘボ過ぎて使えないけど、光量は充分。光量もHi-Low2段切り替え、箱書きによればLowで35時間、Hiで25時間使えるし(ホントかどうかは別として)、4.5Vで300~500mAのACアダプタを見つけてくれば電池じゃなくても使えるし・・・っていうか、ACアダプタ見つけてきて読書灯にする気満々ですよ!!

・・・そのうち仕事用にもう1本落札しておこう。

いや、保険屋の方で用意した修理中の代車がホンダのLifeなんだが、遅い。

っていうか、加速しない。登らない。昨日はディーラーから自宅までしか乗ってなかったんで「馬力ね-なぁ」位しか思わなかったのだが、今日70kmほど乗って痛感した。

半仕事用のサンバーは年式は古いがスーパーチャージャー&四駆でグイグイ走るから余計にそう感じるのかもしれないが、過給器のない軽って走らねぇなぁ。

これでちゃんとしたスポーツマフラーじゃなくて馬鹿みたいな音だけのファッションマフラーつけてるヤツってトルクも落ちてんだろ?・・・信じられねぇ。